GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながら適当にまとめ。
視聴39本(新作33本)、特に突出した面白さのアニメというものは無かったように思うが、
秋からの続き物や2期ものはやはり個人的に好印象が残る。

名前を挙げれば、2クールものでは「SHIROBAKO」「四月は君の嘘」「クロスアンジュ」
「寄生獣 セイの格率」「牙狼〈GARO〉-炎の刻印-」。

2期ものでは「神様はじめました◎」「少年ハリウッド -HOLY STAGE FOR 50-」。

冬の新作では「ユリ熊嵐」「アイドルマスター シンデレラガールズ」でしょうかね。
あとジョジョはまあ、言わずもがな。


「戦国無双」とかも話は面白かったんですけど、いかんせんやっぱりキャラデがしょぼくて…。
頑張って動かしてたりはしたんですけど、もうちょっとそっち方向にもステータス振って欲しかったw
でも、本当に話は面白かった。豊臣秀頼が凄く良いキャラでしたね。

少年ハリウッドはとにかくキャラデが濃くて、ちょっと敬遠する人も多いでしょうが、
これも話はかなり真面目に出来ていて面白かったです。
その中にもぶっ飛ぶような実験的な要素があったり、手描きで頑張ってダンスさせてたり、良かったです。
最終話のクリスマスライブは感動でした。マッキー最高!

アニメーションの出来としては、「純潔のマリア」なんかも良くできてた印象ですね。
やはり谷口悟朗ですね。

「ユリ熊嵐」も大変良かった。
初めはなかなか世界観について行けないとは思いますが、見れば見るほどはまっていく魅力がありましたね。
幾原監督の味が出まくってました。

一番無難なチョイスとしては「アイドルマスター シンデレラガールズ」かな。
課金パワーなのか、まずめちゃくちゃ作画が良かったし、出来も良かった。
そしていつの間にかみくにゃんのファンになっていた。可愛いだけじゃなくてあのプロ意識。尊敬できる。

「幸腹グラフィティ」も人気があったように思いますが、僕はあの食事シーンのくどい作画が嫌いだったのでイマイチ。
あと、全体的に配色が強くて、作品の雰囲気にあんまり合ってないのかなという気がした。
ただし椎名は天使。

人気で言えば「冴えない彼女の育て方」もどうやら人気があったみたいですね。
個人的にはあんまり面白いとは思いませんでしたが、やはりエロですか。
まあ、性的なフェティシズムを刺激しまくるような緻密なエロが豊富だったので、そこは確かに凄いとは思います。
キャラクターも確かに魅力的だった。特に加藤恵。
でも話が大して面白くなかった。毎週毎週「早く君嘘見せろや」って思いながら加藤恵の可愛さを味わっていた。


駄ニメ方面ではワルブレやISUCAが人気を博したようですが、僕としてはやはりファフニール。
OPが名曲過ぎるところが最高。あと決まって最後は夕暮れの海岸。

まあ、そんなところですね。
たまゆら 卒業写真は見に行きたかったけど、新宿まで行くのが面倒くさすぎてダメだった。
なぜ幕張や船橋でもやってくれないのか。

柏とか言う大多数の千葉県民が行きづらい場所でやんなよ(激怒)
しかも柏の葉だから柏っつーかもう野田みたいなもんだし。
野田ってなんだよ。ホンマ使えんわー。

そんな感じ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/2439-dbc4c4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。