GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年の第4クールも出そろいかけていますが、第3クールのまとめ的な感じでいきたいと思います。
とりあえずタイトルの通り、個人的にはこの3つが好感度高いかな~と言う感じ。

”精霊使いの剣舞”が入ったのは、クレア・ルージュちゃんがめちゃくちゃ好みだったからというのが非常に大きいが、
それだけではなく、あのアニメにあるB級感が好みだからというのもありますね。
しょっぱな、いきなり主人公がクレア・ルージュちゃんの貧乳を馬鹿にする展開でブチギレまくったが、
その後はもっぱら女性陣のみがそのネタでクレア・ルージュちゃんをいじっていたので溜飲が下がった。
あとはもう実に安定したラノベ的展開を見ながらクレア・ルージュちゃんを愛でていればいいので簡単。
作画も概ね綺麗だった。やはりああいう作品では作画を維持することだけは怠ってはいけない。

”ばらかもん”と”月刊少女野崎くん”については説明不要でしょう。
あんなん誰が見ても面白いわ。今更いちいち語る必要もない。

これら以外でも、面白いなと思った作品はたくさんあります。
挙げていると大変なので言いませんが。

逆に、つまんねぇな~と思いながら見ていたのは”RAIL WARS !”ですね。
世界観にもキャラにも入り込めなかったのでホント面白くなかったです。
SAOもやばかったですね。進みが遅すぎてイライラでした。引き延ばしはホントクソ。
あとBASARA。やはり1期が素晴らしすぎた。川﨑逸朗監督じゃないとダメだわ。(幕末Rockも川﨑逸朗監督作品)

また、世間でクソクソ言われている感じのする”グラスリップ”ですが、あれは僕は良いと思います。
最近のアニメの風潮だと、色々なことにいちいち説明が付かないといけないような感じがありますが、
そう言うことをせずに、視聴者の心に感じさせる作品だったように思います。
ハーモニーカットを多用したのも、普通に見ていたら流されてしまいそうな箇所を印象的にすることで、
視聴者の心に引っかかりを作り、何かを感じさせようとする意図があったのでしょう。
感じ取るには感じ取る素養が必要なので、人の感情や物語を読み解くことに不慣れな人にとっては、
ただただ意味不明な作品だったかもしれません。
そして恐らくそうだから評価を下げられている部分があると思っています。
もちろん僕もここはどういうことなんだろうと思うことはありましたが、結局人の心の全てがわかるわけではないし、
自分自身ですらわからないこともあるんだから、そういうものかなと思います。
わからなくたっていいんです。
日常的な風景の中にちょっとファンタジックな要素を入れて、青春の少し切ない一夏を描いた、良い作品でした。


第4クールのことはまた後日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/2426-dcada830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。