GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見てきました。
ついに最後。

もう、とにかく感動しました。
実に素晴らしい。
21世紀の宇宙戦艦ヤマトが完成したんだと、感動に打ち震え、涙しました。

とある出演者が、アフレコ時に「壮大だ…」とつぶやいて自分の台詞を言い忘れたという事件があったようですが、まさにその通りの出来でした。
この時代を生きていて良かった。

心配していたEDも、最終回にふさわしい、素晴らしい楽曲であったと思います。
また、各所に使用された、宮川彬良さんによる新たな劇伴楽曲も要チェック。


制作の都合で、少々クオリティーが落ちていたり、間に合わずカットになったシーンがあったりしたと言うことですが、それはもうBDのお楽しみで全然構わないです。
旧作に対する”答え”をしっかり示し、この時代にふさわしいヤマトを作り上げてくれたスタッフ一同に感謝です。

ただ一点だけ不満を言うと、やはりヤマト発進のシーンで、地球を飛び立つヤマトにのせて、偽装解除から音楽と絵を同調させた演出にして欲しかったと言うことですね。
音楽の尺を上手く伸ばしたりして、何とかこだわってやって欲しかった点です。


続編はどうなんでしょう…。
彗星帝国編もやって欲しいのですが、デスラー総統とガミラス帝国の関係性が難しいですね。
でも、ガトランティスとガミラスの交戦シーンが描かれたりしていたので、あり得ない話じゃないですよね?


まあ、とりあえず、2012年4月から見続けてきた「宇宙戦艦ヤマト2199」が完結したということです。
本当に素晴らしかった。ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/2386-df177f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。