GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァルヴレイヴ化けたわ。
いや、兆候は少し前から感じてはいたが、それにしても6話は本当に凄かった。

やはり一癖も二癖もある、それが人間でなければならない。
正義感だとか義務感だとか、そんなものだけじゃ面白くない。

己の欲望、願望、そういうものに突き動かされて初めて、人間は人間として面白く見える。

ああいうキャラを出してきたということは、今後の展開についても期待が持てそうだなと。
人間をやめたものが一番人間らしく輝いていた、怒濤の6話だった。



あと、昨日の記事で「デート・ア・ライブ」の名前だけ出して一言も触れなかったのでちょっとだけ。

最初の2話くらいは良かった。
けど、3話か4話辺りから一転してクソだと思った。

展開がめちゃくちゃだし、説明不十分すぎる。
結局主人公が行動する理由がわけわからんままだし、その時々でどうしたいのかも全然わからん。

キャラもどんどん出してくるだけで1回クローズアップしたらそれで終わりみたいな感じだし。
基本的にただのラブコメでしかなくて何もおもんない。


正直言って、今期見ているアニメで一番面白くないと思う。
レールガン→ミルキィホームズ(再)→デート・ア・ライブ→ヴァルヴレイヴ という流れが無かったら3話で見るのやめたと思う。

でも、ヴァルヴレイヴが今後も目が離せない状況になってきたので、間をつなぐために見続けるだろう。
RDGの前のクライムエッジのように。


そんな感じ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/2374-639572a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。