GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーグルスの内村選手とベイスターズの藤田選手が交換トレードになりました。
両球団、多くのファンが驚き悲しみ怒っているようですが、個人的には(イーグルスサイドから見て)良いトレードであると思います。


内村選手は昨シーズンセカンドのレギュラーを獲得し、今シーズンもスタート時はそうでした。
しかし開幕から打撃が不調。次第に、打撃で台頭してきた銀次選手に出番を奪われていきました。
そして5月の後半までには完全にレギュラーの座を追われ、守備に難のある銀次選手の交代要員、いわゆる守備固め要因になってしまいます。

そうすると、内村選手はメインポジションのセカンドの他に、ショートやレフトを守ったことはあるものの、肩の強さや送球の問題で、ほぼセカンドでしか使えない、使い勝手の悪い守備固め要因にということになってしまいます。
足の速さや、それを生かした広い守備範囲を持ち、守備も上手いのですが、それでもやはり実質ひとつのポジションしかできないというのは難しいです。

例えば、イーグルスの1軍には開幕からずっと西村選手がいますが、彼はバッティングに期待できない上に、走塁や守備でもそこそこの能力しかないです。
その西村選手が1軍に居続けられるのは、複数ポジションをこなせる使い勝手の良さがあるからです。
レギュラーであればポジションがひとつだろうが何だろうが問題無いのですが、控えという立場になったときには厳しくなってきます。

その点藤田選手の場合、足はそこまで速くないですし、守備も内村選手に劣るでしょうが、セカンド、ショート、サードが守れます。
そして打撃にもそれなりに期待できるところがポイントです。

現在イーグルスの内野ではサードの高須選手が打撃であまり結果を出せていません。
6月頭に岩村選手を昇格させて、相手投手の左右で併用してきましたが、今のところ両者とも芳しくありません。
つい先日草野選手が上がってきましたが、守備の衰えが目立つのでスタメンはどうでしょうか。

そこで藤田選手をサードのスタメン、もしくはセカンドの守備にやや難のある銀次選手をサード、藤田選手をセカンドという起用もできます。
藤田選手が来ることによって、岩村選手を2軍に落とし、打撃好調だったものの怪我や松井稼頭央選手の復帰で2軍行きを余儀なくされた枡田選手を昇格させることが出来るかもしれません。

まあ、藤田選手も最近は打撃の調子が落ちていたので、どうなるかはわかりません。
しかし内村選手と藤田選手が入れ替わることで、イーグルスサイドは起用の幅が格段に広がります。これは間違いありません。



とは言うものの、ずっと応援してきたファンとしてみれば辛いでしょう。
全力プレーでチームに貢献してきた内村選手がいなくなってしまうのは僕も悲しいです。
この判断が野球の戦略的には正しいのだろうと言う考えではありますが、ファンの心情的には複雑な部分が大きいというのも理解できます。

しかしこれは純粋に、レギュラー争いが行われた結果、1人が勝ち、1人が負けた、その結果なのだと思います。
銀次選手を今後レギュラーで使っていくときに、どうするのが良いか考えた結論なのだと思います。

願わくば、内村選手にも、控えに甘んじず、新天地でレギュラーを獲得して欲しいという親心があってのことだと思いたいです。
ただ、どうもベイスターズの高田GMの話しぶりから察するに、イーグルスからではなくベイスターズからもちかけた話であるようなのが気になります。
ベイスターズが藤田選手を放出してまで内村選手を欲しがる理由があるようには思えませんが・・・。
まず投手を獲得するべきなのでは?


まあ、とりあえず僕はこの件に関してはこういう視点で見ていて、寂しい気持ちはあるものの、仕方のないことだと思っています。
今はただ、それぞれの選手が、新しいチームで活躍することを願うのみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/2289-2cf5ae0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。