GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメから入った新規のCLANNAD視聴者はアフターに不満のようです。
まあ、普通のギャルゲーアニメと違って、CLANNADはアフターからが真髄なのでこれやらなきゃどうしようもないんだけどねぇ・・・。

どうも「渚ルートのその後をやっているだけ」みたいな捉え方をする人間が多いっぽい。
挙句の果てには「好きなキャラが出てないんだから見なくて当然」みたいな言い方をする馬鹿野郎が平気で湧く始末。


・・・お前らホント、何にも見てないな・・・。


そう思わざるを得ない。
好きなキャラしか見てない。


それを完全に否定はできないが、それでもちょっとあきれちゃうね。

“アニメ”を見てないよ、お前らは。
そう言ってやりたい。


CLANNADは人と、家族と、街と、つながり、幸せの物語なんだよ!


故にこそ『CLANNADは人生』という言葉は笑い話的に出てきたにもかかわらず、広く浸透した。
アフターはキャラ萌えとか、そういう次元を超えている。

これはそんなもんじゃない。
何故それがわからない。



残念だ・・・。



僕は基本的にアニメはストーリーの良し悪しが視聴の判断基準になる。
キャラ萌えで引っ張れるのはせいぜい3話ほどが限界。

そこまでにどれだけ期待感や面白さを感じさせてくれるかが分かれ目。
最終的にキャラ萌えはアニメを楽しむための要素の1つであるという意味合いが強い。


もちろんキャラに対する愛情は本物だけど、キャラが好きだからアニメを見ているわけではなく、あくまでも話の面白さが肝心であると言っている。


ちなみに、よくある『嫁宣言』をしたとしてもそれは



「インデックスは俺の嫁」 = 「俺はインデックスたんと結婚したぞー!」



ではなく



「インデックスたんかあいいいいいいい!!!結婚してくれーーーーーーーー!!!」



である。
故に誤解無いよう、あまり「俺の嫁」という言い方はしないようにしている。

そもそも、ヲタが使うキャラに対する“嫁”という言葉自体、それはそのまま嫁の意味ではなく、「すっごいかわいい。惚れた!」という宣言と同じであると考えたほうが良いと思われる。
少なくとも自分は最初からそういう意味合いで捉えたし、使っている。

単純に世間一般と同じ感覚でヲタ業界を捉えると色々齟齬が生まれるんじゃないかな。
それを誰かに言ったことは無いし確認したことも無いので世の中の実際がどうかはわからないけど。


まあ、僕はそうです。
今後はそれを理解したうえでお楽しみください。


まあ、最近はなるべく“嫁”という言葉をブログ上では使わないようにしてるけど、リアルでは“嫁”って言うほうが簡単だからそう言うことが多い。
そのとき認識に差があるなーって、1週間くらい前に感じたから今ここで言ってみた。


そもそも僕は真面目なので、本来の意味で“嫁”という言葉を用いるのなら相手の同意を得なければならず、自分の妄想で一方的に“嫁”を宣言するのは相手の人格を無視した極めて自分勝手な行為であると思います。
だから「インデックスーーーーー!俺だーーーーーーー!!!結婚してくれーーーーーーーーー!!!」とは言うけど、付き合ってるないし結婚してる前提のことは言わない。


けど結局は個人の楽しみ方なので色々あって良いところ。
そうすべきと僕が強制できるものではない。

自分なりの楽しみ方を見つければそれでおk。
何も問題は無い。



ちなみに今回はとある魔術の禁書目録(インデックス)から例をとりましたが、僕の好みとしては



インデックス=>御坂妹(妹達10032号)>御坂美琴>>>>>>>その他(普通。なんとも思わないレベル)



となっております。
個人的に御坂妹の評価はめっちゃ高い。

本家ビリビリもさすがのツンデレっぷりがなかなかよろしいですね。
インデックスとのいがみ合いが最高。

上条ちゃん、不幸だなんて言ってるけど、最高に幸せもんだぜ、上条ちゃん。



今回の上条ちゃんもかっこよかったなぁ。
上条ちゃんのありがたい説教と正統派主人公ぶりには毎度毎度惚れ惚れする。

もしかしたら一番好きなのは上条ちゃんかもしれない・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/1634-b5a3c07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。