GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なべ。さんのポケモン熱が燃え上がってきた。
今度はポケモンバトルの時代ですね、わかります。


初代から最新まで結構やっている僕は全く問題ない。
しかしむしろ大変なのはなべ。さんとか三郎太氏。

彼らは初代しかやっていないに等しい。
だからまず金銀で増えたタイプから覚えないといけない。


そこで三郎太氏がとんちんかんな発言をしていた。
確かこんな感じ


三郎太(以下:三)『初代のポケモンの相性関係が変わっているかもしれない』


なぎぃ。(以下:な)『変わってないよ、当たり前じゃん』


三『なぎぃ。にとっては当たり前かもしれないけど、ゲームバランスが崩れてたりで調整とかあるじゃん』


な『バランスは最初から崩れてるよ』


三『じゃあなおさら変えないといけないじゃん。意味わかんね』



三郎太、最後は若干キレ気味だった。
でもこれ、どう考えても三郎太の意見はおかしい。


だって、初代からの相性まで関係を変えたらまた覚え直さないといけないじゃん。
続きもののゲームでそれはねーよ。

相性のバランスについては、一応全部のタイプに弱点があってその辺はバランスとろうとしてるけど、やっぱり偏りがある。
タイプによって技の偏りが酷いこととかは問題点として初代から認識できているはず。

そしてそれを補うなら、タイプ相性を変えるより技を増やしたり複数タイプで対応すればいいはず。
だから初代の相性を変える必要は無いし、前作ユーザーのことを考えれば変えないのは当たり前だと思う。


その程度のこと、普段から理屈をこねくり回している三郎太氏ならわかって当然と思ったのだが・・・。
何で最後は若干キレ気味だったの?


・・・僕なんか間違えてたのかな?
インデックスたんハァハァしながら話してたのがいけなかったのかな?



・・・とりあえず対戦用ポケモンの育成に取り掛かろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
主旨が伝わっているか微妙かもしれませんから、まず最初に私の疑問から。
私の疑問は、一作目から相性が変わっているものがあるかもしれないというものでした。

具体的な懸念を言えば、例えば当時「電気」系のポケモンは弱点となる属性が「地面」のみであったため、便利に使われていました。
私は当時のポケモン仲間と弱点が無さすぎだから弱点属性に「岩」を足したり、「エスパー」か「ゴースト」を追加してもおかしくないよね?というような話をしていた覚えがあります。
具体策はともかく、これは私だけでなくて、わりと多くの方がこのように感じていたのではないでしょうか。
氏も属性関係のバランスの悪さは認識していたようですね。

こういった点から「一作目以降タイプについて、(特に弱点属性関係に)変更点があるのではないか?」というのが私の懸念だったわけです。

結果的に、相性関係は変わっておらず、私の懸念は杞憂ですんだわけですからそれでいいのですが、私の疑問は「当たり前」と一蹴されてしまう程度に全くありえない疑問でしょうか?

私が思うに、シリーズ長いですから例えば金・銀が出たタイミングや、アドバンスに移行したタイミングで変えること自体は可能だったのではないかと思います。
そう思って疑問を発したわけです。

製作側は、氏のおっしゃるように前作のユーザーの事を配慮して変更しなかったのかもしれませんし、そもそもバランスが崩れていると認識していなかったから変更しなかったかもしれませんし、きっといろいろなことが考えられると思います。

さて、様々なことが考えうる中で「当たり前」に排除していいことは、そんなに多いでしょうか。
特に氏がこれから目指す道において、それはどうでしょうか。
私は確かに多少、怒っていました。ですが、それは氏が自分を安売りするような発言をされたからです。
以上のことを踏まえて、御自分の対応を再検討されることを願います。

三郎太より、親愛をこめて。

※「管理者のみ表示」にしようかとも思ったのですが、レス前提っぽいようなので全体表示にしています。
パスワードは設定していませんので、適宜削除してください。
2008/10/30(木) 02:18 | URL | T=三郎太 #-[ 編集]
ま、意見は色々あるだろうから何でも良いけど、自分にとって相性の変更はありえない話であると言うことは間違いない。
それこそ当然と言えるほどに。


それだけのことだと思うんだ。


ただしポケモンの相性について捕らえ方の違いが伺えるので、面倒だが一応自分の意見を述べておく。
ちなみに話の内容は全て初代までの知識に限定する。


まず、三郎太は電気の弱点は地面だけだから便利に使っていたと言うが僕はこう考える。


電気タイプは弱点が少ないけれど耐性があるのも飛行と電気だけ。
さらに大抵の電気タイプはスピード、特殊が高いがHP、物理攻撃力・防御力が低く、覚えるのもほとんど電気とノーマルの技だけ。

つまり飛行以外の物理攻撃ですぐ倒せる。(倒される)
ほぼ電気しか使ってこないから対応も簡単。(電気以外ほとんど使えないから幅が狭い)



弱点が少なければ耐性のあるタイプも少ない。その逆もしかり。
全てのタイプで攻撃・防御の両面に同じような傾向がある。

弱点が一番多い草タイプだって、弱点5つだけど耐性は4つあるし、全てのタイプでその数はほぼ1対1に対応するようになっている。
つまり電気タイプはたまたま相性に起伏が無いだけ。

こういうのをバランスが崩れているって言うとは思わない。

タイプの弱点が少ない反面、いろいろな攻撃が効くのだから、そちらの強力な攻撃を叩き込めばそれでいいはず。
ステータス的な弱点も明らかだし。

三郎太は弱点のタイプで攻撃しようと考えすぎているのではないかと思われる。
そんなことをしなくても他にも弱い点はあるし、常にタイプが有利に出来るわけでもないのだからそれを考えるのは当然だと思う。



ちなみに僕が言ったバランスの偏りって言うのは、タイプによって技の数が全然違うこと。
例えばゴーストとむしの技。

エスパーに有効であるこれらの技は、実質存在していないに等しかった。
そういう意味での偏り。(実質弱点が存在していなかったということ)

でもこれは技の問題だし、エスパーも電気とさほど変わらない特徴を持っているからやっぱり物理攻撃で倒せる。
だからそれで問題ないと言える。



つまり相性的なバランスはそこそこちゃんとしていたが、技の種類に差があったためにバランスが悪く見えたのではないかという感じ。
ならば相性の変更なんてまったく的外れで、技を増やせば良い。


ま、そんな感じ。
あーめんどかった。
2008/10/30(木) 15:07 | URL | なぎぃ。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/1547-70645d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。