GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は『魍魎の匣』と『伯爵と妖精』を視聴。


まず魍魎。

これは『長門有希の100冊』として原作のほうを先に読んでいたが、アニメはどうなんだろう?あの小説をアニメにできるのか?そういった疑問が先にたった。
話は面白く、ボリュームも満点だったが、アニメにするとなると色々難しそうだった。


そんな期待と懸念がありつつの1話は、最高に良かったと言える。

この話、まず頼子と加菜子の百合ップルをどう描くかがポイントとなるわけだが、これがかなり良い感じ。
この冒頭の百合は大事だ。しかも百合だけじゃなくて、改めて見ると厨二だw

とは言え、現代の低俗な厨二とは違い、かなりハイレベルな厨二だけどね。
今のガキにああいうのは無理だろう。


また、百合ップルのビジュアル面も大事。
キャラデザがCLAMPで、ちょっとイメージ違うかなと思ったけどそこも悪くなかった。

発表当時はう~んって感じだったけどね。動いてみると良いね。
木場さんのイケメンぶりはもうちょっと抑えて欲しかったけどw


声もかなり良かった。
特に加菜子は良いなと思ったが、キャストを見たらなんと戸松 遥。

まじかぁ・・・戸松さん、上手くなったわね・・・。
それとも、ああいうキャラのほうが得意なのかしら?意外。


あと、あの「ハイアット美佳子」が成長した姿を見て(実際には声を聞いただけだが)、なんか感動した。
高橋さんも上手くなった。



話の進め方としては、アニメっぽく説明は最小限。
絵と、動きと台詞、これらを有効活用していると言えるだろう。

個人的にはもっとバリバリ説明させても良いと思うけど、あんまりくどくど言うと嫌がられるし、アニメの意味が無くなるからあれでいいのだろう。


最後に、OP・EDはもはや最初から諦めているのでいちいち言いたくは無いが、微妙。
魍魎はあのテンションで良いのか?かなり疑問。


まあ、そんなところで、ここは当然のように継続確定だろう。
もう一回小説読んでおこうかな。




そして伯爵と妖精。

見事にスーパーグリリバタイム。
やはりイケメンはグリリバ。

とりあえず、まずまず面白いんじゃないかと思う。
特に突き抜けたものは無いが、一定のレベルに安定している感じ。

ちょっと、「BGMは本当にこれで合っているのか?」というシーンもありつつだったがw
まあ、悪くは無い。とりあえず様子見ということで。




おととい、とあるMADを見た。
まあ、これなんだけど。





インデックスたんかわいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



井口さんの声が可愛いだけじゃなかった。
インデックスたん自体の可愛さも半端なかった。

なんか、もう色々な要素がわけわかんないくらいの相乗効果をどうのこうので・・・
もう、とにかくかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい





ふぅ・・・




ちなみにこのMADもなかなか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/1528-a8922919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。