GO GO Eagles! 楽天イーグルス!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)
(1998/08)
麻耶 雄嵩

商品詳細を見る


ものすごく時間をかけましたが、ようやく読み終わりました。

なんとも難解な美術専門用語に苦労させられました。
美術には明るくないので、かなり考えてもおぼろげにしか理解できない概念の話があって・・・。

まあ、おぼろげに理解できる程度、あるいは全くわからなくても問題は無いかもしれないけど。
とにかくエネルギーを要した作品だった。

わからないことがあると入ってきにくいしね。


しかし最後はかなり予想のできる終わり。
「絶対これはこうなる!」と自信を持って予想した通りになったw


ただ、話自体は漠然としかつかめなかった感が漂う。
まあ全てがわかりきることなんて無いと思うけど。



次は気楽にわっちの1巻を読もうと思います。
お気楽さで言えばさらに上のご愁傷さま二ノ宮くん3巻も所持していますが、これは後回し。
もしくはページ数少ないから一気読みの予定。

長門有希の100冊では神林長平の『猶予(いざよい)の月』で行く予定。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://giftforsevensteps.blog64.fc2.com/tb.php/1390-7cf720c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。